幾千の夜 幾万の星 數千夜晚 數萬繁星
泣いて流れ抱きしめて 哭着喊着抱緊着
愛しい君を 切に思う 深切想念着 深愛的妳
涙枯らせる程に 甚至流乾眼淚的程度

揺り籠のように揺れる 像搖籃一樣搖擺中
時代は儚さの小舟 時代就像纖纖小船
紡ぎ合える指先さえも 就連十指相合的指尖也
風の悪戯に解けてく 因風的玩笑而解開

虚ろな心一つ 一顆空虛的心
天の川を旅しながら 漫遊於銀河繁星中
何時か辿り着けると信じ 堅信終有一日能到達
願う切なさの道標 所思所念的那塊路標處
遥かな記憶の果て この灯火 探尋遙遠記憶的終點 這片燈火
約束の月見桜 感じて 約定的月下櫻 感覺到

幾千の恋 幾万の傷 數千戀愛 數萬傷痕
強く深く限りなく 強烈的深刻的無邊無垠的
描く未来 永久人 描繪中的未來 永恆不變的人
現在を忘れる程に 甚至忘了現在的程度

幾千の夜 幾万の星 …