この末期においてなお思い出す 在這盡頭終於回想起
私だけが知っていた鳥の姿を 只有我知道的鳥兒的身影
遥か遠き空のその何処よりか 從遙遠天空的不知何處而來
風を従えて舞い降りた 隨風翩翩落下的樣子
思えばはじめからお前はきっと 仔細回想的話妳肯定從一開始
私を騙そうとしていたのだろう 就想要騙我了吧
お前のあの目が悪戯めき笑う 妳的那雙眼神中暗藏着調皮的嬉笑
若き日の私を誘うように 像是要引誘那時年少無知的我
乞われるがままにその手を取った 宛若同情我似的牽起我的雙手
――その始まりを悔やめようか――嗚呼 ——那樣的開端真令人懊悔——啊

鳥よ 鳥よ そは空の何処 鳥兒啊 鳥兒啊 汝在天空的何處
この手引く先私を連れて行く 請牽起我的手帶我一同前去
鳥よ 鳥よ 翼持つものよ 鳥兒啊 鳥兒啊 身懷雙翅的妳啊
その姿 けっして忘れえぬもの 那身影 絕對不會忘懷
わたしが見上げる限りに 只要我還在仰望天空的話
お前は空を翔けてゆくのだろう 妳就還會在那天空飛翔吧

流れる時さえも行く末知らず 就連流淌的時間也不知何去何從
ならばこの身をして何を知りようか? 那麼徒有這身軀又能知曉什麼?
お前と過ごした日々のその中に 和妳一同度過的每日中也有 …