語る者さえもはや 就連傳唱這個故事的人
途絶えるほどには 都快要消失殆盡了
悠か遠くに掻き消えた 悠遠歷史中悄無痕跡
記憶は疎なりて幾星霜 模糊了記憶又過了幾個春秋

並んで寄り添う人と鬼の姿 並肩依偎的人與鬼的身影
疑うことを知らぬほど小さな小さなその姿 兩小無猜的那小小的身影
信頼のその証 作爲相互信賴的證明
ゆびきりげんまんひとつ 拉鉤上吊一百年不許變
誓ったは「嘘を吐かぬ」こと 發的誓是「絕不撒謊」
ずっと傍にいるよ 那就永遠會在一起呀
幼稚な約束ひとつ 定下了幼稚的約定

御伽の国の恋物語 傳說的國度的愛情故事
並び立つ影二つ異形象る 並肩而立的兩位留下不同形狀的影子
まだ見ぬ行く末 語るが如く 就像給尚未預見的故事發展作伏筆一般
何処と行く先わからぬ 風が哭く 就連風都在爲今後走向何方蕭瑟呼嘯

語る者さえもはや 就連傳唱這個故事的人
途絶えたほどには 都已經消失殆盡了
悠か遠くそこにあった 悠遠歷史中曾經有過的
密なる絆は変わらずに 親密無間的關係一如從前

並んで寄り添う人と鬼の姿 並肩依偎的人與鬼的身影
信ずることに飽かぬほど愛しい愛しいその姿 相互信任毫不厭倦的那可愛的身影
約束を交し合う 互相交換了誓言
対する人の望みは …
特別な世界と 特別な人と 特別的世界 和特別的人
何も不思議じゃない 普通の人間と 和完全沒有不可思議之處的普通人
憧れでもなくて 羨みでもない 不是憧憬 也不是羨慕
限りなくゼロに近い 気持ちだけ 只是無限接近於零的心情

それっていつだって 那是什麼時候的事情呢
人って忘れてくから 人也真是健忘
傷つかないように 可能只是盡力不想傷害
守っているだけなのかも 只是默默守護着
しれないね 也說不定

例え明日がこなくても 就算明天沒有到來
わたしは続いてく 我也會繼續下去
この先も傍に居る 這以後永遠在妳身邊
そう思いながら 一邊這麼想
眠りにつくの 一邊要睡着

好奇心が強くて 物怖じしないで 好奇心很強 也不懼怕事物
誰にも優しくて 少し利己的な娘 對誰都很溫柔 也有點利己的孩子
ここで生きてくこと ルールを守れば 要在這兒生活的話 只要遵守規則
難しくないよ 不安はあるけど 一點也不難呀 雖然會有不安 …
たま たま
向こうの世界は いつも 賑やか 對面的世界 總是很熱鬧
だけど どこか つまらなそうだ 但是 總覺得哪兒 有些無趣
『一緒に笑える』それだけのこと 『能一起歡笑』只有這一點
とても大切なこと 是最重要的事

ランコ ランコ
教えてくれた君への感謝は 妳告訴我種種的感激之情
尽きないけど 「ありがとう」とは 無以言表 就連一句「謝謝」
照れくさくて 言えそうにない 都羞澀得 難以啓齒
今夜も 黙って乾杯 今晚也 默默乾杯

たま ランコ たま ランコ
「憂世鬱世」云々 嘆き節 聊起「憂世鬱世」云云 悲嘆處
肴に呷る 酒の苦味よ …