翳る日暮れにふと向う眼差しの先 黃昏日落中目光所及的遠方
言葉を失くした景色の中あなたは居て 令人失言的景色中有妳在那裏

人は儚くも雪のように消えるものならば 如果說人是虛幻飄渺會像雪一樣消失的話
この思いさえも諸共に消えてしまえばいい 那讓這份思念也能和別的一起消失就好了

春は旅 朝に此処を発つ日のこと 春日啓程 大清早離開這裏踏上旅途
夏の度 二人の夜を思う 夏日每次 思念兩人共度的夜晚
秋の闇 夕暮より暗く 秋日暗影 比夕陽更黑暗
冬を呼び 四季はめぐり 冬日呼喚 四季又輪轉

桜舞う 華やかな宴の最中 花瓣起舞 於光鮮絢麗的宴席中
星は降る あなたに降り注ぐ 衆星隕落 於妳所在之處
月が照る 二人の影作る 月光照亮 映出兩人身影
雪積もる 巡り巡る 飄雪堆積 輪轉反覆

それでもあなたは遠い… 即便如此妳還是很遙遠…
ねぇ どうして 吶 爲什麼
あなたは私を見てくれないの 妳不看向我呢
あなたは誰を見ているの 妳又在看向誰呢 …