この末期においてなお思い出す 在這盡頭終於回想起
私だけが知っていた鳥の姿を 只有我知道的鳥兒的身影
遥か遠き空のその何処よりか 從遙遠天空的不知何處而來
風を従えて舞い降りた 隨風翩翩落下的樣子
思えばはじめからお前はきっと 仔細回想的話妳肯定從一開始
私を騙そうとしていたのだろう 就想要騙我了吧
お前のあの目が悪戯めき笑う 妳的那雙眼神中暗藏着調皮的嬉笑
若き日の私を誘うように 像是要引誘那時年少無知的我
乞われるがままにその手を取った 宛若同情我似的牽起我的雙手
――その始まりを悔やめようか――嗚呼 ——那樣的開端真令人懊悔——啊

鳥よ 鳥よ そは空の何処 鳥兒啊 鳥兒啊 汝在天空的何處
この手引く先私を連れて行く 請牽起我的手帶我一同前去
鳥よ 鳥よ 翼持つものよ 鳥兒啊 鳥兒啊 身懷雙翅的妳啊
その姿 けっして忘れえぬもの 那身影 絕對不會忘懷
わたしが見上げる限りに 只要我還在仰望天空的話
お前は空を翔けてゆくのだろう 妳就還會在那天空飛翔吧

流れる時さえも行く末知らず 就連流淌的時間也不知何去何從
ならばこの身をして何を知りようか? 那麼徒有這身軀又能知曉什麼?
お前と過ごした日々のその中に 和妳一同度過的每日中也有 …

語る者さえもはや 就連傳唱這個故事的人
途絶えるほどには 都快要消失殆盡了
悠か遠くに掻き消えた 悠遠歷史中悄無痕跡
記憶は疎なりて幾星霜 模糊了記憶又過了幾個春秋

並んで寄り添う人と鬼の姿 並肩依偎的人與鬼的身影
疑うことを知らぬほど小さな小さなその姿 兩小無猜的那小小的身影
信頼のその証 作爲相互信賴的證明
ゆびきりげんまんひとつ 拉鉤上吊一百年不許變
誓ったは「嘘を吐かぬ」こと 發的誓是「絕不撒謊」
ずっと傍にいるよ 那就永遠會在一起呀
幼稚な約束ひとつ 定下了幼稚的約定

御伽の国の恋物語 傳說的國度的愛情故事
並び立つ影二つ異形象る 並肩而立的兩位留下不同形狀的影子
まだ見ぬ行く末 語るが如く 就像給尚未預見的故事發展作伏筆一般
何処と行く先わからぬ 風が哭く 就連風都在爲今後走向何方蕭瑟呼嘯

語る者さえもはや 就連傳唱這個故事的人
途絶えたほどには 都已經消失殆盡了
悠か遠くそこにあった 悠遠歷史中曾經有過的
密なる絆は変わらずに 親密無間的關係一如從前

並んで寄り添う人と鬼の姿 並肩依偎的人與鬼的身影
信ずることに飽かぬほど愛しい愛しいその姿 相互信任毫不厭倦的那可愛的身影
約束を交し合う 互相交換了誓言
対する人の望みは …
翳る日暮れにふと向う眼差しの先 黃昏日落中目光所及的遠方
言葉を失くした景色の中あなたは居て 令人失言的景色中有妳在那裏

人は儚くも雪のように消えるものならば 如果說人是虛幻飄渺會像雪一樣消失的話
この思いさえも諸共に消えてしまえばいい 那讓這份思念也能和別的一起消失就好了

春は旅 朝に此処を発つ日のこと 春日啓程 大清早離開這裏踏上旅途
夏の度 二人の夜を思う 夏日每次 思念兩人共度的夜晚
秋の闇 夕暮より暗く 秋日暗影 比夕陽更黑暗
冬を呼び 四季はめぐり 冬日呼喚 四季又輪轉

桜舞う 華やかな宴の最中 花瓣起舞 於光鮮絢麗的宴席中
星は降る あなたに降り注ぐ 衆星隕落 於妳所在之處
月が照る 二人の影作る 月光照亮 映出兩人身影
雪積もる 巡り巡る 飄雪堆積 輪轉反覆

それでもあなたは遠い… 即便如此妳還是很遙遠…
ねぇ どうして 吶 爲什麼
あなたは私を見てくれないの 妳不看向我呢
あなたは誰を見ているの 妳又在看向誰呢 …
空見やればその姿 望向天空的話那個身影
馳せ 馳せ来る 彼方から 從遙遠彼方 飛馳而來
千里万里の向こうから 千里萬里的迢迢對面
今日も誰かが挑み来る 今天也有誰前來挑戰

「見せばやな」の声をあげ 「見識一下」衆人高喊
「やれ頼もう」の声をあげ 「上啊加油」群起振奮
どこからともなくやってくる 無論從何處都會趕來
その名もその影もまだ知らず 未曾聽聞的那名字那身影

ああ此度も現れる 啊 這次也出現了
からくれなゐ の色を帯び 唐紅色的一陣風飄過

虚仮威しの妖怪か 是虛張聲勢的妖怪麼
身の程知らずの妖精か 是毫無自知之明的妖精麼
果てはこれはこれはと 結果這一次這一次會是
これこそが真の強敵か 貨真價實的強敵麼

斯くも多彩な技を比べて 比試此般多彩的技巧
その奥義 その秘伝を 今高らかに 那奧義 那秘傳 如今更高階
掲ぐは何符 謳うは何符 揭起的是什麼符 詠唱的是什麼符
数えれば …
その花を 咲かせばあとは 那朵花 開了之後將如何
枯れるのが その定めか 就會枯了麼 宿命是如此麼
その命 散らしてつなぐ 那條命 將斷卻又續
思いを全て 受け取って 所思所想 全盤盡收
竹ノ花 竹之花

【七】 【七】
遠くに見ゆるその影に ふと過る 遠遠望去那背影 忽又消失
遠い日に交わした約束 遠久之日互換的約定
この手の届かぬところへ 歩み去る 漸漸走向伸手也無法觸及的地方
その背中に影を合わせて 將自己的身影重疊在那背影上
交わし足りぬ言葉 那些說不盡的對話
全てを胸に押し止め 全都壓在心底
ただただ願うのは 只是一心所願
愛した女の幸せか 所愛的女子是否幸福

竹ノ花 竹之花
咲けばただ 一旦開花的話
散るまでの身と聞けども 聽聞生命就僅剩到花謝爲止
その命の在る限り 只要那命還在
どうか生きてゆけと 還請一定要活下去
その幸せを願えばと …
華咲 花開
望み望まれて此処に 此處有求有應
愛でたきものは此れに有り 此處有喜愛之物
夢と現と交えては 夢境與現世交匯時
幻想郷(幻の国) に、遊ぶがいい 可於幻想鄉玩

空を征く者がいる 有空中飛的
怪異を祓う者がいる 有驅散怪異的
其れ等を望む子等がいる 亦有期望她們的
御伽噺を耳にして 耳中聽聞怪誕軼事
思い巡らす其れ以上に 心中所思更爲怪異
生きる幻想が其処に居る 幻想中的生活正在彼處

何時の世も 凡世間
愛でたきものは 喜愛之物
往来の 往來的
童遊の 孩童遊戲
中にこそ有れ 亦正在此處

華咲 花開
真優雅、舞うたれば 當真優雅地翩翩起舞
華の都は、此れに有り 花都亦在此處
夢と現と交えては 夢境與現世交匯時
今日も変わりなく町角に 今日一如既往街頭巷角

華散 花落
口伝伝承 …