翳る日暮れにふと向う眼差しの先 黃昏日落中目光所及的遠方
言葉を失くした景色の中あなたは居て 令人失言的景色中有你在那裏

人は儚くも雪のように消えるものならば 如果說人是虛幻飄渺會像雪一樣消失的話
この思いさえも諸共に消えてしまえばいい 那讓這份思念也能和別的一起消失就好了

春は旅 朝に此処を発つ日のこと 春日啓程 大清早離開這裏踏上旅途
夏の度 二人の夜を思う 夏日每次 思念兩人共度的夜晚
秋の闇 夕暮より暗く 秋日暗影 比夕陽更黑暗
冬を呼び 四季はめぐり 冬日呼喚 四季又輪轉

桜舞う 華やかな宴の最中 花瓣起舞 於光鮮絢麗的宴席中
星は降る あなたに降り注ぐ 衆星隕落 於你所在之處
月が照る 二人の影作る 月光照亮 映出兩人身影
雪積もる 巡り巡る 飄雪堆積 輪轉反覆

それでもあなたは遠い… 即便如此你還是很遙遠…
ねぇ どうして 吶 爲什麼
あなたは私を見てくれないの 你不看向我呢
あなたは誰を見ているの 你又在看向誰呢 …
特別な世界と 特別な人と 特別的世界 和特別的人
何も不思議じゃない 普通の人間と 和完全沒有不可思議之處的普通人
憧れでもなくて 羨みでもない 不是憧憬 也不是羨慕
限りなくゼロに近い 気持ちだけ 只是無限接近於零的心情

それっていつだって 那是什麼時候的事情呢
人って忘れてくから 人也真是健忘
傷つかないように 可能只是盡力不想傷害
守っているだけなのかも 只是默默守護着
しれないね 也說不定

例え明日がこなくても 就算明天沒有到來
わたしは続いてく 我也會繼續下去
この先も傍に居る 這以後永遠在你身邊
そう思いながら 一邊這麼想
眠りにつくの 一邊要睡着

好奇心が強くて 物怖じしないで 好奇心很強 也不懼怕事物
誰にも優しくて 少し利己的な娘 對誰都很溫柔 也有點利己的孩子
ここで生きてくこと ルールを守れば 要在這兒生活的話 只要遵守規則
難しくないよ 不安はあるけど 一點也不難呀 雖然會有不安 …
空見やればその姿 望向天空的話那個身影
馳せ 馳せ来る 彼方から 從遙遠彼方 飛馳而來
千里万里の向こうから 千里萬里的迢迢對面
今日も誰かが挑み来る 今天也有誰前來挑戰

「見せばやな」の声をあげ 「見識一下」衆人高喊
「やれ頼もう」の声をあげ 「上啊加油」群起振奮
どこからともなくやってくる 無論從何處都會趕來
その名もその影もまだ知らず 未曾聽聞的那名字那身影

ああ此度も現れる 啊 這次也出現了
からくれなゐ の色を帯び 唐紅色的一陣風飄過

虚仮威しの妖怪か 是虛張聲勢的妖怪麼
身の程知らずの妖精か 是毫無自知之明的妖精麼
果てはこれはこれはと 結果這一次這一次會是
これこそが真の強敵か 貨真價實的強敵麼

斯くも多彩な技を比べて 比試此般多彩的技巧
その奥義 その秘伝を 今高らかに 那奧義 那秘傳 如今更高階
掲ぐは何符 謳うは何符 揭起的是什麼符 詠唱的是什麼符
数えれば …