流れた一瞬ほんの束の間に 動きを止めた時計の針 流逝中的一瞬絲毫剎那間 讓時鐘的錶針停止了走動
作業的か業務的な仕事ぶりまた今日もテキパキと施し 流程式或者說業務式的工作的樣子 今天也利索地搞定
子守役足したような従事 此処には多種多様な住人 幹的活不過是照看孩子 這裏有各種各樣的居民
館の主 姉妹 魔法使い 門番はいつも仕事をしない 宅子的主人 姐妹 魔法使 看門人永遠也不幹活

よく使うティーカップは 見た目よりも入らないとさ 平日常用的茶杯 比起看起來的樣子還要盛不下
紅茶を注ぐなんて事は 常日頃の仕事 もとい日課 泡紅茶之類的事情 一直是平日的工作 不對是日常
静止した空間の中で 傍に仕える 立てぬ波風 靜止的空間中 服侍在身旁 平穩不驚
異端的でもよくある話 とある瀟洒な従者の物語 雖說是異端但也挺常見的 某個瀟灑的從者的故事

月明かりの中に 猶予う人集り 明亮月光中聚集起躊躇的人們
少し欠けた輪のシルエットにいつもの紅茶の口どけ 稍微的殘月剪影中品一口一直喝的紅茶
影が指す時刻に 昨夜と同じ香り 身影指向的時刻中 和昨晚一樣的香氣
雲間に揺蕩う月光が照らす十五夜の月時計 雲間掩映着的月光照亮了十五夜的月時鐘 …
流れた一瞬ほんの束の間に 動きを止めた時計の針 流逝中的一瞬絲毫剎那間 讓時鐘的錶針停止了走動
作業的か業務的な仕事ぶりまた今日もテキパキと施し 流程式或者說業務式的工作的樣子 今天也利索地搞定
子守役足したような従事 此処には多種多様な住人 幹的活不過是照看孩子 這裏有各種各樣的居民
館の主 姉妹 魔法使い 門番はいつも仕事をしない 宅子的主人 姐妹 魔法使 看門人永遠也不幹活

よく使うティーカップは 見た目よりも入らないとさ 平日常用的茶杯 比起看起來的樣子還要盛不下
紅茶を注ぐなんて事は 常日頃の仕事 もとい日課 泡紅茶之類的事情 一直是平日的工作 不對是日常
静止した空間の中で 傍に仕える 立てぬ波風 靜止的空間中 服侍在身旁 平穩不驚
異端的でもよくある話 とある瀟洒な従者の物語 雖說是異端但也挺常見的 某個瀟灑的從者的故事

月明かりの中に 猶予う人集り 明亮月光中聚集起躊躇的人們
少し欠けた輪のシルエットにいつもの紅茶の口どけ 稍微的殘月剪影中品一口一直喝的紅茶
影が指す時刻に 昨夜と同じ香り 身影指向的時刻中 和昨晚一樣的香氣
雲間に揺蕩う月光が照らす十五夜の月時計 雲間掩映着的月光照亮了十五夜的月時鐘 …
まだ幼いあなたを「咲夜」って名付けた 在你還很小的時候就給你取名「咲夜」
夜に咲き誇る漢字2文字で「咲夜」 在夜晚盛開而自誇的漢字兩個字「咲夜」
見習いからメイドとして始めたころは 你剛開始做見習女僕那時
まだ日傘を持つ手が震えてたりしてた 撐陽傘的手臂還在不停顫抖

いつもいつも私たちは一緒だったなぁ 永遠永遠我們會在一起吶
背伸びして私の髪をといてくれたなぁ 你踮着腳幫我梳過頭髮吶
大きな胸に夜色の瞳輝かせたなぁ 看到大胸的時候你的夜色的瞳孔兩眼發過光吶
あなたがそばに来て私はいっぱい笑ったんだなぁ 自從你來身邊之後我盡情笑過很多次吶

咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想見到你啊
いやだ朝までなんて待てないよ 不行 根本不可能等到天亮啊
天に輝く明星 お願い 天上最亮的金星 求你了
時の針をもっと回して 讓時鐘的錶針再多轉一些
咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想見到你啊
いやだ懐こい笑顔待てないよ 不行 熟悉的笑容根本等不及了
天に輝く明星 お願い 天上最亮的金星 求你了
時の針を早く回して …
まだ幼いあなたを「咲夜」って名付けた 在你還很小的時候就給你取名「咲夜」
夜に咲き誇る漢字2文字で「咲夜」 在夜晚盛開而自誇的漢字兩個字「咲夜」
見習いからメイドとして始めたころは 你剛開始做見習女僕那時
まだ日傘を持つ手が震えてたりしてた 撐陽傘的手臂還在不停顫抖

いつもいつも私たちは一緒だったなぁ 永遠永遠我們會在一起吶
背伸びして私の髪をといてくれたなぁ 你踮着腳幫我梳過頭髮吶
大きな胸に夜色の瞳輝かせたなぁ 看到大胸的時候你的夜色的瞳孔兩眼發過光吶
あなたがそばに来て私はいっぱい笑ったんだなぁ 自從你來身邊之後我盡情笑過很多次吶

咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想見到你啊
いやだ朝までなんて待てないよ 不行 根本不可能等到天亮啊
天に輝く明星 お願い 天上最亮的金星 求你了
時の針をもっと回して 讓時鐘的錶針再多轉一些
咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想見到你啊
いやだ懐こい笑顔待てないよ 不行 熟悉的笑容根本等不及了
天に輝く明星 お願い 天上最亮的金星 求你了
時の針を早く回して …