過去の過ちを恥じる 愧疚於過去的過失
朽ちゆく僕に 腐壞而去的我
見守る君が笑う 守護着的你笑着
三千世界 三千世界

手を取り合う事等は 相互牽手之類的事情
頂に着くためには不要と 爲了到達頂點的話並不需要
天に輝く唯一となる 己に憧れた 憧憬起在天空中唯一閃耀的自己
過信した魂はいつか 過於自信的靈魂在某一刻
全身を知らぬ孤独で震わす 會因爲不知全部的孤獨而震顫

地を見下ろし 性隠し 俯視大地 藏起本性
強さを叫び 呼喊強大
身に纏った誇りを 纏在身上的誇耀之物
魅せつけたのさ 只是故意給世人看的虛表
けれど僅かな虚しさ 只不過僅有微微的虛無感
半端な自信 半吊子的自信
己の小ささ知る 知道自己的渺小
三千世界 三千世界

両手を天に掲げた 擡起兩手向天空高舉
無責任な無限を身に浴びた 將自己沐浴在無責任的無限中
届かぬ故に美を嗜める 正因爲傳達不到而苦惱於(神的)美
小さな僕がいた 留下小小的我

答えなど分かり切っていた 答案其實已經徹底清楚了
ここにいる …