酔花

千切れた雲の隙間に 映ゆる今宵の月は 波雲飄過的空隙之間 掩映出今夜明月
解けた帯によく似た 淡い花模様 恰似寬解下的腰帶上 淡雅花紋
愛し君の唇が 口ずさむ手毬唄 你可愛的小嘴 輕聲哼起童謠小調
あの日の面影はもう 禍夜最の果て 那日容顏已成爲 那夜災禍最後的結果

根雪の下で芽吹いた意思の 殘雪下破土而出的心意
蕾は何処で咲くのだろう? 花苞又會在何處綻放呢?
差しのべた手の温もりは変わることなく 伸出的手 溫暖還尚未消散

失くした物を忘れ去るように 就像要忘卻那些失去的事物
過ぎ行く四季の移ろいに 四季輪轉交替不停
道の端揺らぐ花よ 君は今何思う 路旁搖曳的花啊 你現在又在想什麼

遠く滲む縹色 流々と旅行く魚は 共長天一色的流水 絡繹不絕的魚群
「己が運命」と散りても羽瀬に惑いて 說是爲「自己的命運」而犧牲 卻是困入了魚簍中

葉黒無く脆く砕けた命(ツキ)の 飄渺而脆弱的這已經破碎的生命(殘月)
欠片は何処へ還るだろう? 碎片該歸還於何處呢?
天翔けるその煌きは 語ることなく 曾經在天空翱翔時的輝煌 也無人能訴說

共に朝まで話した夢を 一同徹夜暢談的夢想
紙の小舟に浮かべよう 摺成小紙船浮在水面上
長く続くこの旅路を 静かに見送って 這段漫長旅途 只能靜靜目送

君在りし日の あの彩りよ 你尚在時的 那片光彩啊
何時かまた音連れるように 要待何時才能傳來音訊
ぽつり、ぽつり 紡ぐ音霊 夜風に乗せて 一點一滴 紡出的音符 乘上夜風

去りゆく物へ 捧ぐ思いの 對遠去的事物 奉上思念
その儚さに止め処なく 這片虛無感無處可安
瞼から落ちる玉は 何故杯を染む 眼角滑落的點滴 爲何濁了杯中酒

又是一首以 《砕月》 爲曲調填詞寫的歌呢,算上之前翻譯過的 《愛き夜道》 和 《月見桜》 這已經是 第三首 了,看來我真的很喜歡《砕月》的曲調呢。 聽過之前這兩首的人大概會感覺出來,雖然三首歌有共同的曲調,卻有不同的曲風, 大多東方同人的音樂都是如此,因爲原曲都是神主ZUN的遊戲配樂,沒有歌詞, 於是同人創作者根據各自的理解重新演繹成不同的二次創作。 某種程度上,這很像自由軟件社區呢。

標題「 酔花(すいか) 」,是個文字遊戲,因爲 《砕月》 這首曲調算是《東方萃夢想》的BOSS 伊吹萃香 的主題曲,標題就是 萃香(すいか) 這個名字的不同漢字轉寫。

曲風用詞非常古樸,以至於只看到了兩個音讀漢字詞(「意思」和「四季」), 別的漢字都是訓讀,甚至作者給出的訓讀表記的一些詞的漢字寫法接近 萬葉假名 , 而非現代更常用的訓讀漢字,看來作者是想模仿中古時代那段時期的日語風格。 這古風翻譯起來也更困難,於是照例,標假名的同時給出字詞解釋。


千切(ちぎ) れた (くも)隙間(すきま)() ゆる 今宵(こよい)(つき) 千切(ちぎ) れた (くも)ちぎれ雲 ,厚層雲下流動的斷片雲。
(ほど) けた (おび) によく ()(あわ)(はな) 模様(もよう)
(いと)(きみ)(くちびる)(くち) ずさむ 手毬(てまり) (うた) 手毬(てまり) (うた)手鞠歌 ,明治時期起小孩一邊玩手毬一邊唱的童謠。
あの ()面影(おもかげ) はもう (まが) () ()()

根雪(ねゆき)(した)() () いた 意思(いし)
(つぼみ)何処(どこ)() くのだろう?
() しのべた ()(ぬく) もりは () わることなく

() くした (もの)(わす)() るように
()()四季(しき)(うつ) ろいに
(みち)(はじ) () らぐ (はな)(きみ)(いま) (なに) (おも)

(とお)(にじ)縹色(はなだいろ) 流々(るる)(たび) ()(うお) 直譯:遠去的淡藍色融入(天空),匆匆趕路旅行的魚。
(おれ)運命(さだめ) 」と () りても 羽瀬(はせ)(まど) いて 羽瀬(はせ) :一種類似魚簍的竹製捕魚工具,漲潮時等魚游入其中,落潮時把魚困在裏面。

葉黒無(はかな)(もろ)(くだ) けた (ツキ) 葉黒無(はかな) く:現代訓讀漢字寫作「 (はかな) く」,飄渺不定的。 (ツキ) :這裏命是当て字,讀作 (つき)
欠片(かけら)何処(どこ)(かえ) るだろう?
(あま) () けるその (きらめ) きは  (かた) ることなく

(とも)(あさ) まで (はな) した (ゆめ)
(かみ)小舟(こぶね)() かべよう
(なが)(つづ) くこの 旅路(たびじ)(しず) かに () () って

(きみ) () りし () の あの (いろど) りよ
何時(いつ) かまた (おと) () れるように (おと) () れる:現代訓讀漢字寫作「 (おとず) れる」 ,到訪,造訪。倒是原本的寫法「(おと) () れる」更能體現 「帶來音訊」的意思。
ぽつり、ぽつり  (つむ)(おと) (たま) () (かぜ)() せて

() りゆく (もの) へ  (ささ)(おも) いの
その (はかな) さに ()() なく
(まぶた) から () ちる (たま)何故(なぜ) (さかずき)()
請用你的 GitHub 賬戶登錄並在這篇文章的 Issue 頁下留言